カドゥケウス火 5凸

概要

2021年9月火古戦場に向けて、
カドゥケウス(杖)の火属性5凸を作ったので紹介します。

能力

  1. 奥義:救いの杖++
    • 火属性ダメージ(特大)
    • 自分のアビリティ再使用間隔を2ターン短縮
    • 稀にアビリティ即時発動可能
  2. スキル
    • 火の神威:火属性キャラの攻撃力と最大HPが上昇(小)
    • 窮地の救い手ⅡHPが75%以下の時、アビリティ使用間隔(1ターン)短縮
      ※メイン装備時、主人公のみ
    • 業火の堅守:火属性キャラのHPが少ないほど防御力上昇(中)
      ※レベル200でスキル開放

カドゥケウス火属性を選んだ理由

  1. フルオート(ウォーロック、モンク)メイン武器編成
  2. 固有スキル「窮地の救い手Ⅱ」の効果による、アビリティ間隔短縮に魅力を感じた
  3. 火古戦場に向けての戦力強化獲得

メリット・デメリット

  • メリット
    1. 奥義効果+固有スキル(HP75%以下)によってアビリティ使用間隔が短縮されて
      アビリティ(主人公のみ)をより多く使用可能
    2. 使用間隔(10ターン以上)が長い「リヴァイブ」や「レプリケーションキャスト」を使い易い
    3. スキル内容的に奥義軸背水編成との相性が良い
  • デメリット
    1. 奥義効果+固有スキル(HP75%以下)でアビリティ短縮の恩恵が受けられるので、
      黒魔道士のような、奥義を撃たないジョブでは使用しづらい
    2. セージだと、フルオートより手動での操作の方が威力を発揮し易い
      (回復アビリティフルオート反映しないため)
    3. 奥義効果が魅力なのに、奥義効果が(特大ダメージ)のところが良くない

感想

  1. ウォーロックとの相性が良いので、
    フルオート編成+杖パーティーで
    リミットアビリティ「レプリケーションキャスト」が効果発揮する
  2. モンクとの相性も良いので
    ディスペル+武操術(ディスペル)で最近の古戦場ボス特有の
    バフ積み積み相手には威力を発揮しそう
  3. 奥義軸にし易いジョブ(ベルセルク、クリュサオル、レリックバスター)
    アビリティ軸のジョブ(ハウンドドッグ、ランバージャック、ロビンフッド)
    使用間隔が長いレスラーアビリティの「ツープラトン」
    これらの得意武器に該当していないので使い勝手は良くない
  4. フルオートの相性は良くないが
    高難易度シングルバトルでセージを使う場合のはあり
  5. カドゥケウスの属性としては、背水編成が効果を発揮するので
    闇属性」「風属性」が良いと思います。